コラム

スタッフのブログ

  1. TOP
  2. コラム
  3. フォローすべきエンジニアが明確に!要フォロー対象者機能のご紹介
機能紹介

フォローすべきエンジニアが明確に!要フォロー対象者機能のご紹介

ごあいさつ

こんにちは。

Fairgrit®広報担当の加藤(かとう)と申します。

この度は当サイトにお立ちよりいただき、ありがとうございます。

このコラムを通してFairgrit®の、わたし的!おすすめ情報をお届け!3記事目にご紹介する機能は「要フォロー対象者機能」です。

フォローすべきエンジニアが明確にわかることで、トラブルを未然に防ぎ、帰属意識の向上に繋がる機能なんですよ!

導入をご検討いただいているみなさまのお役に立つ情報となりましたら幸いです♡

こんなお困りごとはありませんか?

SES事業を行っている会社様では、多くの従業員がそれぞれ現場へ出向しているため、なかなか会えないのが現状ではないでしょうか?

そうすると―

  • 36協定違反となる稼働状況になっているエンジニアを把握できず、フォローが後手に回ってしまう
  • エンジニア個々人の状況が把握できていないことで、勤怠不良等のクレームをいただいてしまう

やはり悩みや問題にいち早く気づくこと、そしてメンタルの管理はとても重要です。

そこでFairgrit®には、

  • 「残業」「有給消化日数」「メンタル状態」から悩みや問題を抱えている可能性があるエンジニアが一目でわかる

「要フォロー対象者機能」があります。

要フォロー対象者機能のご紹介

この機能は管理者権限のあるユーザでログインすることで、ご利用いただける機能です。

Fairgrit®ではエンジニアが提出した週報等の情報から、御社様が設定した「残業時間」「有給消化日数」「メンタル状態」を元に、メンタルに支障をきたしている可能性があるエンジニアをリストアップします。

一覧でご確認いただき、エンジニアからアラートが上がるよりも早くフォローすることで、満足度や帰属意識の向上に繋げていただけたらと思います。

これまで、フォローすべきエンジニアの特定は営業メンバー個人の裁量に委ねられてきたのではないでしょうか?

Fairgrit®でフォローの対象者となり得るエンジニアを自動でリストアップすることで、対象者の洗い出しにかかるコストを削減し、かつ、対応漏れを防ぐことができる機能です。

がんばりを見てくれている人がいること、困っていることに気づいてもらえることはとてもうれしいですよね。

Fairgrit®がWinWinな関係の構築の一助になればうれしく思います(*^^*)

さいごに

「要フォロー対象者機能」に限らず、Fairgrit®にはコストの削減と、エンジニアの満足度に繋がる機能がたくさんございます。

詳細につきましては今後こちらのコラムでも随時ご紹介いたしますが、個別にご説明させていただくことも可能です。

もし、Fairgrit®の詳細に興味をお持ちいただけましたり、「ここってどうなってるの?」など疑問をお持ちいただけるようでしたら、以下お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SHARE

お問い合わせ

エンジニアのメンタルまで管理できる
SES管理ツールFairgrit®

無料

製品紹介やお役立ち資料を無料で
ご活用いただけます